ITエンジニア向け 情報館  
   

 

ビジネススキル

コミュニケーション

会議、打ち合わせなどの頻度

会議や打ち合わせなどを頻繁に行うと、当然それに工数が裂かれます。
会議の出席人数が多ければ、それだけ大きな工数を消費することになります。

しかし、会議などで進捗確認などを正確に行うことにより、仕様書の漏れや手戻りとなりそうなリスクを早い段階で検出/削減することが可能になります。
仕様不備によるプロジェクトの遅延を取り戻す工数よりも、会議の工数のほうが小さいことがほとんどでしょう。
そういった観点で考えると、納期遵守、低リスクを実現するためには、中身のある会議を重ねることは重要になります。
(だらだらと時間を消費するだけの会議が無意味なことは、いうまでもありません)
特に、プロジェクトの規模が大きいほど、その効果は大きくなります。

プロジェクトがきっちり回っているかどうかを確認するために、会議を重ねるのは有効であることのほうが多いと感じます。

プロジェクト定例会議

プロジェクト定例会議で行うべきことをまとめる。

状況と課題の共有

プロジェクトメンバー間で、進捗状況、課題と解決策を共有する。
プロジェクトが予定通りに進んでいるかを確認し、スケジュールの遅延を最大限抑えるための会議でもある。
時間だけを浪費する会議であってはならない。

報告は定量的に

課題数等を数値化するなど、状況を数値で判断できるようにする。
順調です、がんばって遅れを取り戻します、など、感覚的な報告であってはならない。
問題が発生すれば、その原因をしっかり分析し、解決策を決定し、共有する。

現状を正しく報告する報告書の書き方

以下のような表現を用いることを禁じると、適当なことを書くことができなくなるため、正確さの高い報告書を作ることができる。

  • 期日をあいまいにする言葉
    「早い段階で」「近いうちに」「近日中に」「随時」「現在〜中」「月初(月末)」「〜月中(〜日中)」「上旬(下旬)」「早急に(できるだけ早く)」「適切な時期に」など
  • 問題に向き合っていない表現、すべてを表現しきれていない表現
    「おおむね問題ない」「特に問題なし」「比較的」「〜の面では(〜のところは)」「基本的には」など
  • 受け身的であり、自ら問題解決に動かないことを意味する表現
    「〜する予定」「検討中」「検討を要する」「実施中」「〜は●さんの担当となった」「〜することが必要」
  • 判断や行動の条件をあいまいにする言葉
    「状況によって」「場合によって」「必要に応じて」「臨機応変に」

効果的な部下へのフィードバック

部下へのフィードバックにおいて重要なことは、何がよいのか、何が悪いのかを、明確に伝えることです。
よいことを褒める場合には、どこがどのように良かったのか、その理由や根拠を伝えます。
改善欲しい点があれば、何をどのように変えるべきか、具体的に伝えます。
できて当たり前、と思うところがあっても、よい点をそのまま褒めます。

以下に、フィードバックの例を挙げます。

●評価の結果だけでなく、具体的な説明をする
×「この議事録いい出来だね」
○「この議事録は、発言者名とその発言内容に加え、議論の結論まで書けていて充実しているね」

×「いつもいい仕事をするね」
○「いつも納期内に正確な成果物を作ってくれるね」

●相手の性格ではなく、行動に注目する
×今日もおとなしかったね
○今日の会議で、一度も発言しなかったね

×机の上が散らかっててだらしないよ
○机の上に機密書類が出しっぱなしだよ

これらのフィードバックは、できるだけタイムリーに伝えます。
後で伝えるのではなく、気づいたその時にすぐに伝えると、より高い効果が出ます。

 

 

 



Copyright 2004-2017 kiyochan. All right reserved
本サイト内で使用している文章や画像などの無断転載を禁止します


kiyochan.jp トップページに戻る