ITエンジニア向け 情報館  
   

 

開発業務の効率化

開発の効率化

業務の共通化を重視

メンバー間での重複業務を省くことができる。
ある一つの複雑な業務を、複数人で時間をかけて行うのは無駄。
設計やプログラミング、テストにおいても同じ。重複を省き、合理的にメンバーが動けるようスケジューリングを行う。
エンジニア共通の開発方針の策定。

その他

お客のニーズにこたえる業務設計、システム開発。
論理設計と、物理設計をともに重視。プログラム開発を無責任に外注することはしない。
自身のスキルアップはもちろん、チームのスキルアップ(他のエンジニアのスキルアップ)を支援する姿勢でのぞむ。

組織の改善活動

現場力向上のポイント

現場力を向上させるためのポイントは、次の通り。

  1. 現場が自ら問題を発見できること。その能力が高いこと。
  2. 一部の人の能力だけが高いのではなく、現場関係者全員の能力を高め、組織としての能力を高めていること。
  3. 何かでトップを目指そうと努力していること。目標を設定し、目標を達成するよう活動していること。

これらのポイントを日々実践している現場は、優秀な組織、強い組織になり得る。
「改善」「改良」の意識が高い状態であれば、現場も強くなれる。

問題発見能力の高い組織の特徴

  1. 組織として「改善」「改良」に意識が向いている。
  2. さまざまな状況を「見える化」し、容易に問題点を把握できる仕組みを作っている

改善活動に必要なスキル

手順を踏んで改善活動を進めるスキル

改善テーマの設定、問題の明確化、問題の原因分析、問題への対策の立案、効果測定などの一連の手順を理解する。さらに、周りの人を納得させる説明を行うなどの工夫をする。

業務の無駄を見える化し、無駄を取り除くスキル

「無駄」があることを他人が見ても理解できるよう客観的に示す。
無駄を除去したこと、効率化されたこと、付加価値が生まれたことも見える化する。

メンバーを改善活動に協力させるスキル

メンバーひとりひとりが改善の意識を持たなければ、組織的な改善は行えない。
メンバーの積極性を引き出すための心構えや方法論が必要になる。

IT開発現場でよくある5つの無駄

開発現場で以下のような無駄があれば、改善の余地があると言える。

  1. 停滞の無駄
    モノ、情報、作業が停滞し、メンバーが手持無沙汰になってしまう無駄。
  2. ミスの無駄
    ミスを修正する時間、必要以上の検査の時間を要してしまう無駄。
  3. 仕事そのものの無駄
    本来必要のないドキュメントづくりや開発作業、過剰品質にするために要する作業の無駄。
  4. 探す無駄
    ドキュメントや過去の記録、データを探す時間の無駄。
  5. 移動の無駄
    物資を運搬したり、人が移動したりする無駄。

ソフトウェアの再利用性

なぜソフトウェアの部品化、再利用かは進まないのかの記事にも記載がありますが、「多くの人に使ってもらえるソフトウェア部品」どのように作っていくのかというノウハウを、きちんと持っているかどうかが重要ですね。

 

 

 



Copyright 2004-2017 kiyochan. All right reserved
本サイト内で使用している文章や画像などの無断転載を禁止します


kiyochan.jp トップページに戻る