トップページへ戻る
生活便利情報館

普段の生活を、もう一歩快適で便利にするワンポイント! いろいろメモしていますので、どうぞご参考に ( ^ー^)

 

転職

転職後のトラブル

転職先の人が、その人が持っている期待に見合う成果をあなたが出せなかったため、「そんなことも分からないのか」,「レベルが低いなぁ」などと言ってくることがあります。
しかし試験や面接を経て採用されたわけですから,周りの人とレベルは大差ないはず。そこで,自分から壁を作らないようにしながら,素直に次のように言ってみてください。「私は○○さんの期待に応えられるように仕事をしたいのですが,現状ではなかなかうまくいきません。慣れるまで時間をいただいていいですか」。部下の本音が素直に伝われば,上司も素直に受け止めてくれはずです。

転職した会社で、「予想したよりレベルが低い、思ったほど成果を出さない人」という目で見られることがあります。そのようなときは、「皆さんの期待に応えられるように仕事をしたいのですが、なかなかうまくいきません。慣れるまで時間を頂きたいのですが」と素直に伝えるとよいです。

転職後の給与

転職すれば給与が上がるかのような広告をたくさん打ち出している転職業界ですが、転職で給与が上がるのは1〜2割程度らしい。
転職業界のサイト「DODA」に、記載がありました。
http://doda.jp/guide/ncase/012.html

採用したくないな、と思わせる転職応募者

面接官が「こいつ気に入らないな」と感じる、応募者のコメントの例。

「うちの会社へなぜ入社したいと思ったのですか?」
  → 「なんとなく・・・」

「配属先は、入社後に決定されますが、よろしいですか?」
  → 「希望の部署じゃなければ退職します」

「業務の状況によっては、残業が発生します。」
  → 「残業は絶対イヤです」

企業分析のポイント

参考:転職先をどう考えればよいか?

転職先の企業を分析するときのポイントが3つ述べられています。
・自分の転職理由がかなえられる企業であること
・自分がそこでやっていける企業であること
・多面的にいろんな情報を集め,どんな企業を十分把握し納得すること

転職の心構えとして、役に立つ内容が含まれている記事だと思います。

転職に対する意識

参考:世代間で違いが大きい「転職」に対する意識

年代別に、さまざまな転職にまつわる調査結果が掲載されています。
20代と40代とでいろいろな違いが見られます。

転職の回数をどうみられるか

転職回数が多い履歴書は「マイナス」が8割【アイデム調べ】
http://careerzine.jp/article/detail/665

採用、不採用の判断に影響する要素についての調査結果がまとめられています。
応募書類に関する判断基準にも触れられているので、転職の予定がある方には参考になると思います。

採用担当者から見て、応募者のマイナスと感じる要素として、
・使い回しと感じる履歴書(89.3%)
・転職回数が多いこと(84.3%)
という結果も出ています。
転職回数が多いと、会社への定着度合いが低いと判断されるという話も聞きます。

上記に当てはまる場合は、より採用対策を入念にした上で、転職活動をされるとよいと思います。

 

 


  • 本コンテンツの内容は、管理人が独自に情報収集、学習した内容に基づいて書いているものです。
  • 本コンテンツの内容に誤りがあった場合、その責は負いかねます。
  • 本コンテンツの内容は、執筆時点のものです。将来にわたって内容を保証するものではありません。
  • 本コンテンツの内容は、適宜見直し、予告なく修正、削除を行います。
  • 本コンテンツの内容は、信頼できると判断した情報をもとに作成していますが、情報の正確性、完全性を保障するものではありません。


Copyright 2004-2017 kiyochan. All right reserved
本サイト内で使用している文章や画像などの無断転載を禁止します


kiyochan.jp トップページに戻る