トップページへ戻る
生活便利情報館

普段の生活を、もう一歩快適で便利にするワンポイント! いろいろメモしていますので、どうぞご参考に ( ^ー^)

 

人脈・交流

人脈づくりのポイント

頻繁に会う

  • 人は、知らない人には攻撃的、冷淡な対応をする。
  • 人は、会えば会うほど好意を持つようになる。
  • 人は、相手の人間的な側面を知ったとき、より強い好意を持つ。

といわれています。人脈づくりのポイントは、頻繁に会うことです。
人間同士の親密度は、物理的な距離、視線を合わせた回数とも言われています。
何度も会って会話をすることで、「ただの知り合い」 から「なじみの知人」へと印象は変わっていくものです。

会う機会が多いほど、ホンネで語り合えるほど、互いに好意を持つようになります。
ある人と仲良くなりたい、と思ったら、積極的に会う回数を増やすようにしていきましょう。

話しかけるのは最初の十秒以内で

初めて会う人に話しかけるのは勇気のいることです。でも勇気を出して、自分から声をかけていきましょう。
初めてお会いした瞬間というのは、 話しかける絶好の機会です。それを逃すと、話を切り出すタイミングが取りづらくなってしまいます。

話しかけない時間が長引くほど、「会話をしないのが自然な状態」と双方が認識し始めます。
そうなると、話しかけるのはより一層難しくなります。
ですから、話しかけるのは最初の10秒以内を意識して、声をかけてみましょう。

好印象

好印象を持ってもらうポイント

人は、知らない人には攻撃的、冷淡な対応をする。
人は、会えば会うほど好意を持つようになる。
人は、相手の人間的な側面を知ったとき、より強い好意を持つ。

遅刻をしても好印象を持ってもらう方法

たとえば30分ほど遅れそうなとき、相手に迷惑をかけたくない心理が働いて「あと15分で着くよ」などと言ってしまいがちです。
しかし実際に到着するのが15分後じゃなくて30分後だったら、相手にとってみれば「約束の時間を破ったうえに、言った時間にも来なかった」という二重の悪印象を与えてしまいます。

そんな時は思い切って「45分くらい遅れる」などと、少し多めの時間を言うのもポイントです。
「45分くらい遅れる」と言って実際には30分遅れで到着すれば、「急いでくれて、予定より早く来てくれたとんだ」いう印象を相手に持たせることができます。

相談されること

相談を持ちかけられた時、「後で聞く」とは言わない。自分の話を聞いてくれないと感じられてしまう。どんなに忙しいときでも、作業の手を止めて話を聞く。そうすることで、相手のやる気を維持できる。

雑談力

雑談力アップのポイントは、会話のキャッチボールをすること。相手に会話の主導権を渡しながら、会話を進めていくこと。

相手が食いつきそうな注目度の高い話題を入れる。そうすると、会話が弾み、会話が続き、キャッチボールが実現できる。

 


  • 本コンテンツの内容は、管理人が独自に情報収集、学習した内容に基づいて書いているものです。
  • 本コンテンツの内容に誤りがあった場合、その責は負いかねます。
  • 本コンテンツの内容は、執筆時点のものです。将来にわたって内容を保証するものではありません。
  • 本コンテンツの内容は、適宜見直し、予告なく修正、削除を行います。
  • 本コンテンツの内容は、信頼できると判断した情報をもとに作成していますが、情報の正確性、完全性を保障するものではありません。


Copyright 2004-2017 kiyochan. All right reserved
本サイト内で使用している文章や画像などの無断転載を禁止します


kiyochan.jp トップページに戻る