トップページへ戻る
生活便利情報館

普段の生活を、もう一歩快適で便利にするワンポイント! いろいろメモしていますので、どうぞご参考に ( ^ー^)

 

プレゼンテーション・文章を書くコツ

スライド1枚あたりにかける時間

プレゼンテーションを行う時、スライド1枚にかける時間がどれくらいになるかの感覚を身につけることが重要。
プレゼンに熱が入ると、1枚のスライドにかかる時間が長引く傾向がある。
一方スライドの数を多くしすぎると、時間に追われ早口になり、十分語らぬまま次のスライドに移ることになり、聞き手の理解度が下がってしまう。

何度か自身でプレゼンテーションをして、自分に合った時間感覚を身につけるとよい。
その感覚が身についてない場合は、ひとまず1枚当たり90〜120秒の時間配分でやってみて、そこから自分なりに調整していけばよい。

二つを比較し、片方の優位性を伝えるプレゼン

二つの物事AとBを比較するとき、Aのほうのメリットを強調して伝える場合には、次の順序で語る。

  • Aの大きなメリット
  • (Aに比べて)Bの小さいメリット
  • Aの小さなデメリット
  • (Aに比べて)Bの大きなデメリット

この順序で語ることで、最初に伝えたAの大きなメリットと、最後に伝えたBの大きなデメリットが印象に残るため、効果的にAの方がよい、と相手に印象付けることができる。

分かりやすく説明するコツ

話の概要を最初に話す

聞き手が、これからどのような話が展開されるのか、あらかじめ心の準備をすることができる。
話の結論を先に語ることで、聞き手は話のゴールを念頭に置きながら話を聞ける。
また、話の内容を最後まで整理しながら聞くことができる。

キャッチコピーのコツ

商品やサービスの説明をするのではなく、その商品やサービスが持つ価値を語ること。

人々をひきつける文章の書き方

ストーリー性を持たせる

最近のニュース、多くの人々が関心を持っていることをネタにして、徐々に話を自身が主張したい内容に関連付け、話をつなげていく。
読者が知っていること、関心を持っていることから話が始まるので、読みやすいです。

話題の個数を挙げる

「○○するための10の方法」「○○するなら知っておくべき5つのポイント」のような書き出しにすることです。
いくつもの役に立ちそうな情報があるという印象を与え、メリットが大きそうという印象を与えます。

不安や疑問を解消する言い回し

かなり定番の方法です。
日頃不安に感じることや疑問に思っていることを題材にすることで、読者の興味をひきつけることができます。
わかりやすい説明を心がけることで、読者が読んでいくうちに、自分にとって役に立つ情報が得られているという実感を与えられます。

夢や希望を叶える言い回し

「不安や疑問を解消する言い回し」とは対照的で、あったらいいなと日頃読者が思っていること、また理想的な状況がかなうことを印象付ける言い回しです。
その文章を読めば、よりお得な情報が得られると印象付けることができれば、読者は興味を持って読んでくれるようになります。

 


  • 本コンテンツの内容は、管理人が独自に情報収集、学習した内容に基づいて書いているものです。
  • 本コンテンツの内容に誤りがあった場合、その責は負いかねます。
  • 本コンテンツの内容は、執筆時点のものです。将来にわたって内容を保証するものではありません。
  • 本コンテンツの内容は、適宜見直し、予告なく修正、削除を行います。
  • 本コンテンツの内容は、信頼できると判断した情報をもとに作成していますが、情報の正確性、完全性を保障するものではありません。


Copyright 2004-2017 kiyochan. All right reserved
本サイト内で使用している文章や画像などの無断転載を禁止します


kiyochan.jp トップページに戻る