トップページへ戻る
生活便利情報館

普段の生活を、もう一歩快適で便利にするワンポイント! いろいろメモしていますので、どうぞご参考に ( ^ー^)

 

セミナー講師のポイント

準備

セミナーの目的を明確にします。

セミナーのシナリオを構成します。導入、本論、まとめ、それぞれにどのくらい時間を費やすのかを考えます。
自分が知っていることを全部伝えるのではなく、自分の知っていることの5割を伝えるイメージでシナリオを構成します。

セミナーで受講者からの質問にこたえるときのポイント

質問者の質問をすべて聞いてから、答を述べる。

質問者の話を途中で打ち切るのは失礼になりますし、また質問者の不満が大きくなる原因にもなります。

質問の結論を最初に述べる

質問者は、質問の答がほしいと強く望んでいます。
例え相手にとって残念な答えになることがわかっていても、もったいぶってもじもじしたり、答えを引き延ばすような言い方になると、結局相手の不満を増やしてしまう結果にもなってしまいます。
ですので、答を最初に述べることが大切です。

ケンカ調の受講者へは肯定の気持ちで接する

ときどき、セミナーの内容に不満があったり、内容がわからなかったなどの理由で、イライラした感じでケンカ調で話しかけてくる受講者もいます。
そのような方に対して、ケンカ調で対応したり相手を否定する言葉をかけてしまうと、余計に場の雰囲気が悪くなってしまいます。このような方に対しては、相手が不満に思っていることを受け止めて、その感情を肯定してあげることが大切です。
相手が冷静になれば、普通の温度でのコミュニケーションができるようになります。

質問に答えられなかったら

ウソをつくのはもちろんいけません。どうしてもその場で答えられない場合には、その質問を持ち帰り、後日回答を伝えてあげるようにしましょう。

飽きさせないセミナーのコツ

出だしと終わりにインパクトを

最初の5分で、なんか面白いことが始まる、すごい人物のセミナーだ、という印象を与えることがポイントです。
終わりには、明日から使える、すぐにでも役に立つ、という実感を与えることがポイントです。

視覚に訴える

目で見て分かりやすいものは、記憶に残りやすく、納得感も生まれやすい。

飽きない工夫を

参加者に作業をさせたり(手を動かす)、指名したり(声を出させる)、席替えしたりすることが、セミナー中に飽きさせないポイントとなる。

時間の調整を

時間が余ったり足りなくなった時のことを想定し、そのときどのように乗り切るかを前もって考えておく。

 


  • 本コンテンツの内容は、管理人が独自に情報収集、学習した内容に基づいて書いているものです。
  • 本コンテンツの内容に誤りがあった場合、その責は負いかねます。
  • 本コンテンツの内容は、執筆時点のものです。将来にわたって内容を保証するものではありません。
  • 本コンテンツの内容は、適宜見直し、予告なく修正、削除を行います。
  • 本コンテンツの内容は、信頼できると判断した情報をもとに作成していますが、情報の正確性、完全性を保障するものではありません。


Copyright 2004-2017 kiyochan. All right reserved
本サイト内で使用している文章や画像などの無断転載を禁止します


kiyochan.jp トップページに戻る