トップページへ戻る
生活便利情報館

普段の生活を、もう一歩快適で便利にするワンポイント! いろいろメモしていますので、どうぞご参考に ( ^ー^)

 

子どもの健康

赤ちゃんの湿疹対策

赤ちゃんは肌が弱く、湿疹ができやすいです。
また、その湿疹からアトピーになる場合もあります。

湿疹への対応で重要なことは、肌を清潔にしておくことです。
よだれ、食べかす、ほこり、細菌が肌についたままだと、それが皮膚炎の悪化原因になるため、清潔に保つ必要があります。
食事の後、口の周りを水で洗ってあげるだけでも効果があります。

石鹸で洗うときは、よく泡立てることが重要です。
石鹸の泡が汚れなどを吸着し、お湯をかけるとさっと流れていきます。
洗った後はよく洗い流すことが重要です。石鹸のかすが逆に皮膚炎を引き起こす場合もあるからです。
スポンジやタオルで肌をこすると皮膚が荒れる原因にもなるため、手で優しく洗ってあげるとよいです。

赤ちゃんの肌を洗うのは、1日1回に限らず、可能なら1日2〜3回洗ってあげるとよいでしょう。

子どものぜんそく

ここ20年の間、幼児のぜんそく患者数は増加傾向にあります。
2004年には、子供から大人まで合わせて、3000人以上がぜんそくで死亡しています。

ぜんそくの原因となるものは、たばこの煙、ペットの毛、ダニの死骸やフン、カビの胞子などです。

ぜんそくの予防法としては、毎日部屋に掃除機をかけ、ぜんそくの原因となるものを掃除しておきます。
また、湿度が高いとカビが生えやすいため、風通しを良くして湿度を50%以下に保つことも大切です。

子どもの歯について

子供の歯磨き

歯磨きを嫌がるからガーゼ磨きをする親がいます。しかし本当は、短時間でもよいので歯磨きを行うことが大切です。
歯磨きに慣れることを、まず最初に達成しましょう。

よい歯並びにする方法

口で息をすると歯並びは悪くなるので、鼻で息をする方がよいです。
食事のとき、よく噛むことで歯並びがよくなります。逆によく噛まない食事だと、歯並びは悪くなりがちです。

足を付けて食べると、噛む力が強くなり、よく噛む習慣が身につきやすくなります。

4歳になっても指しゃぶりをしていると、歯並びに影響が出るようになってしまいます。
指しゃぶりを辞めさせたい場合、指を使った遊びをずっとさせよう、親は配慮していきましょう。何か指を使った作業を子供が続けていれば、指しゃぶりをすることもなくなります。

 


  • 本コンテンツの内容は、管理人が独自に情報収集、学習した内容に基づいて書いているものです。
  • 本コンテンツの内容に誤りがあった場合、その責は負いかねます。
  • 本コンテンツの内容は、執筆時点のものです。将来にわたって内容を保証するものではありません。
  • 本コンテンツの内容は、適宜見直し、予告なく修正、削除を行います。
  • 本コンテンツの内容は、信頼できると判断した情報をもとに作成していますが、情報の正確性、完全性を保障するものではありません。


Copyright 2004-2017 kiyochan. All right reserved
本サイト内で使用している文章や画像などの無断転載を禁止します


kiyochan.jp トップページに戻る