トップページへ戻る
生活便利情報館

普段の生活を、もう一歩快適で便利にするワンポイント! いろいろメモしていますので、どうぞご参考に ( ^ー^)

 

注文住宅

注文住宅の基礎知識

工事契約の注意点

見積金額として、坪当たり●●万円といった内容よりも、具体的な工事や材料の金額を見積もりに入れてもらうことが重要。
材料の寸法や品質、数量なども明記してあるほうがよい。
特に工事に関しては、料金に何が含まれていて何が含まれていないのかをはっきりさせておく。
また、これらを明記した契約書を取り交わすことも重要。

工事の内容が変更になったら、再度見積もりを取り、工事契約を進める。
工事の内容があいまいなままだと、後でトラブルになることもある。

設計士

木造住宅の場合、床面積が100平方メートルを超えるものは、1級、2級建築士または木造建築士でなければ設計できない。
したがって建築確認申請や請負契約における書面などは、これらの建築士が書いたものであり、かつ設計者の記名と捺印がなされたものでなくてはならない。

一方、100平方メートル以下の物件で2階建て以下の場合には、このような資格は必ずしも必要ではない。
資格のない人の設計や建築確認申請でも問題はない。

住宅建築の際の、第三者によるチェック

建物完成後に行う簡易的な検査は、5〜10万円くらい。
着工から完成まで定期的に検査を行う場合は、100〜150万円くらいになることも。
その間、30回ほど現場をチェックするそうです。

チェックをしないことにより欠陥が見逃され、結果300万円の値下がりになった、という事態になることを考えれば、
長持ちする家を建てる、また品質を維持し続けるために必要な費用と考えることもできるかもしれません。

 

 


  • 本コンテンツの内容は、管理人が独自に情報収集、学習した内容に基づいて書いているものです。
  • 本コンテンツの内容に誤りがあった場合、その責は負いかねます。
  • 本コンテンツの内容は、執筆時点のものです。将来にわたって内容を保証するものではありません。
  • 本コンテンツの内容は、適宜見直し、予告なく修正、削除を行います。
  • 本コンテンツの内容は、信頼できると判断した情報をもとに作成していますが、情報の正確性、完全性を保障するものではありません。


Copyright 2004-2017 kiyochan. All right reserved
本サイト内で使用している文章や画像などの無断転載を禁止します


kiyochan.jp トップページに戻る