トップページへ戻る
生活便利情報館

普段の生活を、もう一歩快適で便利にするワンポイント! いろいろメモしていますので、どうぞご参考に ( ^ー^)

 

マンション

分譲マンション

総会

マンションの決まりを変えたい場合は、総会で話し合い賛成を得る必要がある。
法律では、所有者の5分の1以上の要望があった場合は、必ず総会で話し合わなければならないことになっている。
そのため、要望を総会で話し合ってほしい場合は、同じマンションに住んでいる人の賛成を集めることが大切。

床下の配管

マンションの床下の配管は、一般的に共用部分ではなく、専有部分とみなされています。
配管に何か問題があった場合には、マンションの区分所有者がその責任で修正する必要があります。
また、この部分が専有部分であるということは、マンションのリフォームをするとき、配管部分もリフォームできる対象になるということです。

超高層マンション

メリットとデメリット

メリット

  • 人気が高く(特に富裕層に)、値崩れしにくい。
  • 昼も夜も、窓からの眺めが素晴らしい。
  • 周りに視界を遮るものがほとんどないため、日当たりが良く、風通しも良い。
    例え北向きの部屋であっても、一般のマンションよりは明るい。
  • 最近の超高層マンションでは、防犯のための設備が整っている。
  • 総戸数が多いため、共用設備も充実しているケースが多い。
    (宅配ロッカー、24時間管理警備、お店などの施設の充実)
  • その高さで目立つためから、初めて来る人も分かりやすい。

デメリット

  • 高いところが苦手な人にとっては、落ち着かない空間。
  • 一般的に、10階以上になると、他の同様の条件を持つ物件に比べ、価格が割高になる。
    特に、最上階に近い階層では相当に高くなるケースもある。
  • 階層が高くなるほど、風の影響を強く受ける。
    ベランダに置いたものが飛ばされたり落下するなどして、問題が発生してしまうケースもある。
    マンション内にも風が通っていれば、玄関のドアをあけるのにも苦労することもある。
  • 地震発生時などは、簡単に地上に降りられなくなる。
    エレベータが止まれば、上層階ほど心理的不安が大きくなる。
  • マンションの入り口から玄関のドアまでの移動時間が、相当かかる場合もある。
    朝の出勤時間帯など、エレベーターが各駅停車状態になると、マンションを出るまででも5分以上かかることもある。
  • 地上に下りるまでに「移動距離」と「移動時間」がかかることから、外出がおっくうになる心理状況にもなる。これと関連してか、高層階の人ほど人付き合いが少ない、子供の成長(自立)が遅れる、生活満足度が低い、孤立しがち、うつになりがち、という調査結果もある。
    そういった状況からの影響により、健康面で問題を抱えがちになるとも考えられている。
  • 音は地上から空に向かっても届く性質もあるため、、周囲360度から発生される音がよく聞こえ、騒音が大きくなる。
  • 大きな地震でも倒壊しないよう設計されているが、高層階になるほど揺れやすくなる。そのため、家具などは固定しておくのが望ましい。
  • 災害時にライフラインが寸断されると、なにもできなくなってしまうため、地上で暮らす人に比べて不便な生活を強いられる。

上記メリットとデメリットは、すべての高層マンションについて当てはまるわけではないことも、認識しておく必要がある。
高層マンションの購入を検討する場合は、できるだけ多面的に客観的に情報を収集/分析し、納得してから購入するに越したことはない。

高層マンションと税金の関係

高層マンションにおいて、物件価格は高層階では高く、低層階では安く設定されています。
しかし固定資産税評価額は、高層階と低層階とでは1平米あたりで同じ金額です。

そのため、固定資産税は、同じ土地の上の建物であれば、階数に関係なく床面積で計算されます。
また、相続時の評価額も固定資産税評価額を用いるので、その評価額も階数に関係なく床面積で計算されます。

高層階の物件の場合は、多くの場合、物件の購入額に比べて相続時の評価額がかなり小さくなります。そのため、高層階の物件は、相続税対策として有効な物件といえます。

 

 


  • 本コンテンツの内容は、管理人が独自に情報収集、学習した内容に基づいて書いているものです。
  • 本コンテンツの内容に誤りがあった場合、その責は負いかねます。
  • 本コンテンツの内容は、執筆時点のものです。将来にわたって内容を保証するものではありません。
  • 本コンテンツの内容は、適宜見直し、予告なく修正、削除を行います。
  • 本コンテンツの内容は、信頼できると判断した情報をもとに作成していますが、情報の正確性、完全性を保障するものではありません。


Copyright 2004-2017 kiyochan. All right reserved
本サイト内で使用している文章や画像などの無断転載を禁止します


kiyochan.jp トップページに戻る