ITエンジニア向け 情報館  
   

 

通信・ネットワーク

nslookupコマンドの使い方

nslookupでIPアドレスの変換ができているか調べる方法。
DNSサーバーを指定してのアドレス変換も試すことができる。
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0307/19/news003.html

インターネットにつながらなくなったときの対処法

障害箇所切り分け手順

  • ルータに接続されている他のマシンから、通信できているか調べる。
    もし他のマシンが通信できてるなら、そのマシン固有のトラブルと切り分けられる。
  • ルータを交換して通信できるなら、ルータ固有の問題と考えられる。
  • 無線通信はうまくいかないが、有線通信なら問題ない場合は、無線機能・無線設定に問題があると考えられる。

ルータやONU(NTTのモデム)が原因と思われるとき

  • ルータの電源を抜いて2分ほど経ってから、電源を入れる
  • NTTのモデム(ONU)の電源を抜いて4分ほど経ってから、電源を入れる。
    本当に4分ほど、時間がかかることがある。
    モデムの電源を入れなおした後に、ルータのインターネット接続設定(WAN接続設定)を行ったら、つながるようになる場合もある。
    自然につながるのを待つと時間がかかるが、意図的にルータで接続設定を行うとその時点からつながる、ということがあるようです。
  • モデムのLINKランプが点滅していたり消灯していれば、モデムの障害、またはモデムからNTT設備方面に障害がある場合もあり得る。そのことをNTTの故障窓口に伝えると、交換用のモデムを配達してくれる。(翌日に届くこともある)
  • Bフレッツの接続WAN設定をやり直す。このとき、WindowsマシンのIPアドレスを固定的に設定していれば、動的IPアドレス取得(DHCPによる)に切り替えてから、WAN接続やり直し設定をするとうまくいくこともある。
  • モデムからNTT設備側に接続される電話線ケーブルが断線していることもある。ケーブルを買い替えてみる。

電話線の違い

ビックカメラで買った電話線だと、Bフレッツの速度が50Mbpsだった。
NTTのモデムに付属の電話線で接続すると、80Mbpsでた。
電話線によって、速度に違いがあるのかもしれない。

 

 



Copyright 2004-2020 kiyochan. All right reserved
本サイト内で使用している文章や画像などの無断転載を禁止します


kiyochan.jp トップページに戻る