トップページへ戻る
生活便利情報館

普段の生活を、もう一歩快適で便利にするワンポイント! いろいろメモしていますので、どうぞご参考に ( ^ー^)

 

子育て(その他)

父と母の子育て方針の違い

父と母が、同じ子育て方針であれば、夫婦間でもめることもなく、二人で一貫した子育てをしていけるでしょう。
逆に、夫婦間で教育方針が異なっている場合は、どうすればいいでしょうか?

もちろん、父と母が、子育てについて異なる考えを持っていても、問題はありません。
父と母が異なる考えを持っているんだということを、子供に理解させてあげる環境が作られている、ともいえるからです。
子供は、複数の考え方に触れることで、さまざまな判断能力が養われていきます。
そういった体験を通して、人にはいろいろな考え方があるんだということを学んでいきます。

赤ちゃんの靴選び

赤ちゃん〜幼児期のあいだは、合わない靴を履いていても、本人がそれを訴えることがありません。
きつい靴を履かせると、足の骨の成長に悪影響を与える場合があるので、少し大きめの靴を選んであげるとよいです。ただし、大きすぎて歩きづらいものはもちろんNG。

ハイハイ、つかまり立ちの時期

まだ自力で歩くことができず、家の中での生活が中心の場合は、無理に靴を履かせる必要はなく、靴下で十分。靴で足を締め付けると、足の成長に悪影響が出る場合があります。

よちよち歩きの時期

歩き方がぎこちなくて当然の時期なので、無理にまっすぐ歩かせようとしないことが大切です。
長時間歩く必要性は特にないので、歩くのを嫌がるようなら無理に歩かせないようにしましょう。
靴選びの際には、地面の凹凸がよくわかるように、靴下より少し丈夫でやわらかい程度の靴底がよいです。

走ることができる時期

屋外で走ったりジャンプするようになると、アスファルトなど硬い地面や、小石、ガラスの破片などから足を守ることも重要です。
幼稚園や保育園などで集団生活をするのであれば、嫌でも歩かなくてはならない場面があります。
この時期の靴選びには、歩きやすさ、靴底の固さ(保護性)、自分で脱ぎ履きのしやすさを重要視して選ぶとよいです。

 


  • 本コンテンツの内容は、管理人が独自に情報収集、学習した内容に基づいて書いているものです。
  • 本コンテンツの内容に誤りがあった場合、その責は負いかねます。
  • 本コンテンツの内容は、執筆時点のものです。将来にわたって内容を保証するものではありません。
  • 本コンテンツの内容は、適宜見直し、予告なく修正、削除を行います。
  • 本コンテンツの内容は、信頼できると判断した情報をもとに作成していますが、情報の正確性、完全性を保障するものではありません。


Copyright 2004-2017 kiyochan. All right reserved
本サイト内で使用している文章や画像などの無断転載を禁止します


kiyochan.jp トップページに戻る